5.14 現在のリアルポジションとマインド「トランプ・リスク再熱に要注意?」

現在の保有ポジションと予約注文

各通貨ペアにおいて4時間足ベースでのトレンド相場は終了したこともあり、ポジションを保有したまま週末クローズを迎えたのはトルコリラ円 ショート(逆張り)のみ

現在の保有ポジション 2017 05 14

上方向への大きな窓開けでスタートしない限りは、-750円程度の損失で済む計算

月曜Open〜週末Closeまでの決済約定(確定損益)

週末Closeまでの決済約定 2017 05 14
$11.54 / 953円  (52.3 Pips)

先週行ったトレードは、4時間足ベースの順張り(トレンドフォロー)売買のみ(内1件は誤注文)

ちなみに、Forex.com MT4口座で4月より稼働を再開させたものの流動性リスクに警戒し、4/13(木)以降は稼働をストップさせていたEA Beatrice-07 は、今週より稼働再開予定

以下、通貨ペア別 手動売買トレード結果詳細

通貨ペア別 手動売買トレード結果詳細 2017 05 14

通貨ペア別 ポジション 2017 05 14

計6件のトレード(誤注文を除く)に対し、勝ちが3件(勝率 50%)平均損益比率(ペイオフレシオ)は2.16と、内容的には悪くない結果だった

5/11早朝にNZドルが急落したが、NZDJPYロングのポジションは万が一の場合に備えXM Zero口座で保有していたことが幸いし、ストップ・ロスから僅か0.2Pipsの滑り幅で決済することができた。

大半の国内FX口座では、日本時間 朝6時前後の5分〜最大30分程度をメンテナンス時間として設けており、その間はレート配信がストップしていたりする

今回のケースでは、平日メンテナンスなし(+追証なし)のXM Zero口座でポジションを取っていたおかけで+44Pipsで利確できたが、もし国内FX口座で同様のポジションを取っていたらマイナス決済となっていた可能性大だろう

ちなみに、国内で毎朝メンテナンスを行わないFX口座は私が知る限りでは、OANDA JAPANデューカスコピー・ジャパンの2社のみ

週末クローズ時点での含み損益

含み損益 5 7

ストキャス、RSIといった逆張りシグナルに従って取ったポジションだが、なかなかストップに到達してくれず2週連続でポジション持ち越し

Axiory-ECNFxpro cTraderを含むMT4口座のポジション状況(含み益含む)はMyfxbookで公開中

NZD 急落 2017 05 11
↑NZDJPY 10秒足(Bid)チャート(チャートはデューカスコピー・ジャパン Jforexで表示させたもの)

5/11 日本時間朝6時(オセアニア市場)に発表されたRBNZ声明の内容を受けて、NZドルが1分で100Pipsほど急落(業者によって大きく差があるかも)

現時点におけるポジションマインド

注目していたEURUSD、GBPUSD相場だが先週 週足では陰線引けとなった

しかし現状、チャート的には上昇トレンドを示唆していることに変わりはない為、今週も引き続き欧州通貨の動きに注目したいと考えている(EURUSDに関しては陰線引けにも関わらず、週足ベースで買いトレンドシグナルが発生)

先週はフランスの大統領選で事前予想通りマクロン氏が勝利し、とりあえず一安心。しかしFBI長官の解任問題でトランプ批判がかなり強まっているようで、またトランプリスク再熱でリスクオフという展開にも十分に警戒すべきかもしれない

→ RSSリーダーで購読する


外為ファイネスト 選べるカコテン3点タイアップキャンペーンEURAUD

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事


モッピー!お金がたまるポイントサイト
1P=1円でスグ貯まる
[副収入GETへの最短コース]

RSS フィード

FX月別運用成績

2017-1月 円 +¥361 / ㌦  -$18.09
2017-2月 円 -¥13,811 / ㌦ -$16.04
2017-3月 円 -¥5,865 / ㌦ -$10.62
2017-4月 円 +¥6,532 / ㌦ $0
2017-5月 円 +¥11,609 / ㌦ -$13.83
2017-6月 円 +¥4,716 / ㌦ -$30.02 

2016’ 円 -¥37,650/ ㌦ -$633.63
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78
2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3

 


リベート出金 レポート記事はこちら

 

twitter


ページ上部へ戻る