デューカスコピー・ジャパンのJForexがチャートソフトとして抜群に使いやすいと感じるポイント5点

チャートはトレーダー必須のツールであり「私はファンダメンタルズと自己の相場観だけでトレードしているから、チャートなんて見ない(必要ない)」という人はまずいないと思う

日本国内のブローカーは、ほとんどが独自のシステム(トレードプラットフォーム)を採用していることもあり、各ブローカーで異なるチャートソフトを提供しているが、フォントが見辛かったり、インジケーター等のカスタマイズ性、取り扱い通貨ペアが乏しかったりで、イマイチ使い勝手がよろしくないと感じている方もいるだろう

そんな方には是非、デューカスコピー・ジャパンのトレードプラットフォーム Jforexをチャートソフトとして試しに使ってみることを私は推奨したい

MT4よりもJforexを使うようになった理由

高機能なチャートソフトとしてはMT4(メタトレーダー)が有名で、自動売買を行わない人でもただ単にチャートソフト用としてMT4を利用しているというトレーダーも少なくはないようだ

私もMT4のチャートは毎日見ているが、それは株やコモディティといったFX(為替)以外のCFD先物銘柄用であり、為替に関してはもっぱらJforexのチャートを利用している(今後デューカスコピー・ジャパンではCFDの取扱いも開始する予定らしい)

MT4に替わってJforex チャートをメインで利用するようになった理由は、見た目も含めてMT4よりもずっと使い勝手が良いと感じているからである

では具体的にどういった点がMT4よりも使いやすいと感じるのか?

個人的にJforexのチャートの方がMT4より使いやすいと感じている部分はかなり沢山あるが、今回はその中から5点を取り上げてみたい

MT4よりも素早く銘柄(通貨ペア)の検索が可能

個人的にMT4のチャートを使う上で感じている一番の不満が、銘柄を「USD」などで文字検索できないことである(スマホアプリ版では検索可能)

しかし、Jforexなら↓の赤線で囲った部分などに「JPY」や「USD」と記入すれば、その文字を含む銘柄のみが表示される

Jforex 銘柄検索

例えばドル円(USD/JPY)のチャートを表示させたい場合「USDJ」とタイプし、enterキーを押すだけでUSDJPYチャートが表示される

また銘柄リスト欄(画像左下部分)には、各通貨ペアのビッド&アスクの値、前日終値比の変動率(%)が表示されており、例えばここに「JPY」と記入すれば、対円通貨ペアに絞り込んだ状態で変動率が確認できる

現時点で各通貨の対円での強弱がひと目で判断可能と、とても便利な機能だ(値幅ではなく率 %表示なのが◎)

1クリックで日本時間に表示切替が可能

外為ファイネストやForex.comなどのMT4口座では、チャート上の時間が日本時刻で表示されているが、これらの日足チャートは5本ではなく6本足で表示されてしまう

日足チャートは見ないという人にとっては特に問題ないと思うが、日足が5本と6本ではテクニカルの数値も変化する為、日足5本表示のチャートに慣れてしまったトレーダーにとってはチャートソフトとしての使い勝手は良くないだろう

ちなみに、OANDA JAPANやFXTFのMT4も以前は日足6本のJST(GMT+9)だったが、現在はGMT+2(夏時間は+3)のタイムゾーンに変更され、日足チャートは5本足で表示されるようにとなっている

OANDA JAPAN、FXTFのどちらも日本時間をMT4チャート上に表示させるインジケータを提供しているものの、夏時間と冬時間でパラメータを手動で変更しなくてはならない

しかし、Jforexならオプション設定 の「プラットフォームの時間」をJST(UTC+9時間)を選ぶだけでOK!しかもサマータイム(夏時間)も自動で調整される

Jforex 日本時間 変更

その際、オプション設定-チャートの「1日の開始時間」がEEC(UTC+2時間)になっていることも一応確認(デフォルトで設定されているはず)

Jforex 1日の開始時間 設定

また、 1日の開始時間をJST(UTC +9時間)にすることで、外為ファイネストやForex.comと同様のチャート表示(日足6本)にすることも可能だ

インジケータの上昇・下降で色分けが可能

Jforex インジケータ 色分け

↑は私が普段よく見ているチャートセッティング(ボリンジャーバンド+長期EMA+標準偏差+ADX)だが、標準偏差とADXに関しては上昇と下降時には違う色で表示されるよう設定している(赤丸で囲った部分など)

MT4でも標準装備されたものとは別にカスタムインジケーターを外部からダウンロード、または自作することで上昇・下降時で色分け表示することは可能だが、Jforexでは標準搭載された各インジケータで、このような色分けが可能となっており非常に便利

また、2本の標準偏差(Standard deviation)を同一枠で表示させているが、サブで表示させているパラメータ52の方は目立ち過ぎないように出力設定で透明度80%にしている

Jforex インジケータ 出力設定画面
↑出力設定画面

こういった線の色や太さ(幅)、線種(スタイル)だけでなく、透明度まで設定できるのは(私が知る限りでは)Jforexだけだ

またJforexで標準装備されているトレンド指標 ADXは修正移動平均verであるのも個人的にJforexを好む1つの理由(MT4でも一応ADX-VT2という外部インジケーターをダウンロードすることで、修正平均verのADXを表示させることは可能)

チャートのズーム・縮小幅がMT4よりも小さい

MT4チャートを使っていて「もう少し拡大・縮小の幅が狭ければなぁ」と感じることがよくある

具体例を挙げると

MT4 EURUSD 拡大前
↑はMT4でEURUSD日足チャートを表示さた状態だが、「ちょっと小さすぎて見にくいから、もう一回り大きくしたい」と思い、拡大(ズーム)ボタンを押すと・・・

MT4 EURUSD 拡大後
↑の状態まで一気に拡大され、さっきとの中間位で表示できないの?となる

しかし、Jforexなら

Jforex EURUSD 拡大前
↑の大きさから1段階 拡大(ズームボタン 1クリック)で

Jforex EURUSD 拡大後
↑のように、さっきよりも少しだけズームされたチャートが表示される(MT4より拡大調整幅が細かい)

私の感覚としては、MT4の1ズームの間にJforexなら更に2段階調整幅が設けられている印象だ

ちなみにJforexはiMac 27”、MT4はフルHD 15” ノートPC(LAVIE)で表示させている為、もしかすると解像度の違いによる影響もあるかもしれない

BIDとASK両方のチャートが表示可能

Jforex BID ASK

MT4で表示されているのはBID価格チャートであり、現在のASK価格をラインで表示することはできてもASKチャートへの切り替え機能は搭載されていない(多くの国内FX業者のチャートでは切り替え可能)

過去の高値・安値を基準にしてストップロスをどこに設定するかを決めたい場合など、BIDとASKで切り替え可能なチャートを利用するメリットは大きいと思う

さいごに

今回取り上げた5点以外にも、個人的にMT4よりもJforexのチャートの方が使いやすいと感じる点はたくさん有りすぎて紹介しきれないぐらいだ(細かい点がほとんどではあるが)

正直、Jforexにしかないチャート機能というは少なく、ほとんどがMT4でもカスタムインジケーター等を用いることで追加可能ではあるが、見た目も含めた使い勝手の良さでは明らかにJforexがMT4を上回っていると言わざる得ない

以前まで私はMT4とcTraderをメインのチャートソフトとして利用していたが、現在はJforexが8割 、残り2割をMT4とcTraderといった感じで使い分けている(MT4とcTrader は、主に株や商品などのCFD先物銘柄用、またはスマホ用として利用)

ちなみに、個人的な独断と偏見でチャートソフトとして使い勝手の良い順に並べると Jforex>>cTrader>MT4となる

もちろんデューカスコピー・ジャパンのJforexはチャートソフトとしてだけでなく、トレードプラットフォームとしての使い勝手も非常に良い

ただし、以前【本音レビュー】デューカスコピー・ジャパンのECNプラットフォーム JForexは使える?でも取り上げたように、500万円以上の預入資金を用意できないトレーダーにとっては取引手数料が少々割高な感は否めない(※マイナー通貨の取引に関しては手数料込みでも他社より有利

ここまでの内容を読んで、ちょっとでもデューカスコピー・ジャパンのJforexに興味を持たれた方は、まずは(1ヶ月の利用期限はあるものの)デモ口座で試してみると良いと思う

尚、リアル口座を開設する際は、スペシャルレポート or Jforex用インジケーター or 自動売買ストラテジーが特典として無料でもらえるキャンペーンがあるので、是非活用していただきたい。

新規口座開設でもらえる無料プレゼントと、確実にGETする為の手順・注意点

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。
質問orご意見等あれば気軽に↓コメントまたはコチラよりお願いします
RSSリーダーで購読する


外為ファイネスト 選べるカコテン3点タイアップキャンペーンEURAUD

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑1P=1円の超高還元率CBサイト
FX口座等も多数取り扱い
ハピタス経由のFX口座開設で大量ポイントGET!まとめ記事はこちら

RSS フィード

FX月別運用成績

2017-1月 円 +¥361 / ㌦  -$18.09
2017-2月 円 -¥13,811 / ㌦ -$16.04
2017-3月 円 -¥5,865 / ㌦ -$10.62
2017-4月 円 +6,532 / ㌦ $0 

2016’ 円 -¥37,650/ ㌦ -$633.63
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78
2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3

 


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る