3.26 現在のリアルポジションとマインド「3月期末の株高アノマリー 実現なるか?」

現在の保有ポジションと予約注文

現在の保有ポジション 2017 03 26

週末リスクに一応警戒し、国内ブローカーSBI FXで持っていたドル円 日足ベースでのポジションをゼロカット(追証なし)のFxpro cTraderへ入替え

仮に窓開けスタートとなる場合でも、円安よりも円高方向へ動く可能性の方が高いようには思うが一応念のため

ゼロカット保険を適用させて、急騰or急落リスクに対処

月曜Open〜週末Closeまでの決済約定(確定損益)

週末Closeまでの決済約定 2017 03 26
$0 / 1,099円  (-17.78 Pips)

先週も引き継ぎ1時間足ベースでの順張りをメインとしながらも、日足ベースでの順張り&逆張りトレードにも少し手を出した

結果的には、計15件のトレードに対し勝ちが7件(勝率 46%)で、平均損益比率(ペイオフレシオ)は1.1

ただし、これはあくまで決済ベースでの結果であり、ドル円日足のポジション入替えを行っていなかった場合はマイナス

週末クローズ時点での含み損益

週末クローズ時点での含み損益 2017 03 26

Fxpro ct 3 26

Axiory-ECNFxpro cTraderを含むMT4口座のポジション状況(含み益含む)はMyfxbookで公開中

ドル円 日足 2017 03 26
↑ドル円 日足チャート(チャートはデューカスコピー・ジャパン Jforexで表示させたもの)

現在、日足ベースでは売り(円高)のトレンドシグナルが発生しているドル円相場だが、週末クローズ間際のラスト約1時間半で約70Pipsの買い戻しとなり、終値ベースでは200日EMAより上で引けてしまっている

現時点におけるポジションマインド

3月は年度末ということで、中旬〜下旬にかけて日本株は上昇しやすいというアノマリーがあるようだが、今年はどうだろうか?
QUICKのマーケットカレンダー(3月)

個人的にはアノマリーや相場観(予測)より、価格の動き(テクニカル)を重視している為、先週は若干強気のポジション量で日足ベースのドル円ショートポジションを取ってみたわけだが、週末終値が200EMAより上で引けてしまっており週明け早々にも円高トレンドが消滅し、レンジ相場再開となってしまうのを示唆しているようで不気味

ちなみに、若干強気のポジション量といっても資金比率 約0.5%程度のリスクしか取っていない為、損切りとなっても金額的なダメージはそれほど大きくはないが、月間成績がまたしてもマイナスとなる可能性が大幅UPしてしまう点が痛い

3月期末に絡む日本株高&円安のアノマリーが少し気になるところではあるが、現状のテクニカルサインに変化がない限りは今週も円ロングの順張りをメインにトレードしたいと思う

→ RSSリーダーで購読する


外為ファイネスト 選べるカコテン3点タイアップキャンペーンEURAUD

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事


モッピー!お金がたまるポイントサイト
1P=1円でスグ貯まる
[副収入GETへの最短コース]

RSS フィード

FX月別運用成績

2017-1月 円 +¥361 / ㌦  -$18.09
2017-2月 円 -¥13,811 / ㌦ -$16.04
2017-3月 円 -¥5,865 / ㌦ -$10.62
2017-4月 円 +6,532 / ㌦ $0 

2016’ 円 -¥37,650/ ㌦ -$633.63
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78
2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3

 


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る