自動売買運用で多額の利益取りこぼし発生!?裁量判断によるEA・ストラテジーの停止は逆効果?

先日の12/3 ユーロ急騰相場はドラギ・ショックという名までついてしまったようだ。

個人的に今回のような想定以上に相場を動かすリスクが高いと考えられる重要イベント前には、EA・ストラテジーといった自動売買システムは停止するようにしている

しかし今回のドラギ・ショック相場で、私がリアルトレード運用に取り入れているEAのうち「足ボリさん」「カコテン iOsMA (type DI) EURAUD」「Beatrice-07」3つが大きな収益獲得に成功していたようだ

個人的な裁量判断により得られなかった可能性のある収益詳細

可能性のあると書いているのはフォワードテストで利用されているのはデモ口座である点と、私がこれらEAを走らせているMT4口座(リアル)とはFX業者が異なる為だ

EAによっては運用口座の違いでトレード結果が大きく異なるというケースはよくあるし、例え同じ業者であっても(特に今回のような急変動相場時においては)デモ口座とリアル口座でトレード結果が異なるという可能性は大いにある

EA 足ボリさん EURUSD のフォワードテスト結果

EA 足ボリさんのフォワードテスト結果

11/9決済以降しばらくトレードのなかったEA 「足ボリさん」だが、12/3ユーロ急騰局面では1時間という短期間に7回もロングエントリーし、結果5勝2敗で150Pips以上の儲けを出していたようだ

参考記事→ 個人的に期待大! MT4 EA[足ボリさん EURUSD]独自分析結果

EA カコテン iOsMA EURAUDのフォワードテスト結果

EA カコテン iOsMA EURAUDのフォワードテスト結果

カコテン iOsMA (type DI) EURAUD は1トレード決済で約300Pipsの儲け

EA Beatrice-07 EURUSD のフォワードテスト結果

EA Beatrice 07 EURUSD のフォワードテスト結果

Beatrice-07に至っては約800Pipsのプラスと大爆発

これらEAフォワードテスト結果を受けて

これら3つのフォワードテスト結果と同等の収益が得られたと仮定するなら、約1,250Pipsの収益を取りこぼしたことになる

ただし、上記はあくまでデモ口座によるフォワードテスト結果であり、私がこれらEAを利用しているMT4口座[Fxpro⑤外為ファイネストForex.com]で一切の裁量判断抜きにEAを走らせていたら同様の結果が得られたかどうかは分からない

この結果だけを見ると「うわぁ~勿体無い・・。」と考えたくなるのは確かだが、個人的には今回の結果を受けても裁量判断でEA停止処置を行ったことは適切だったと考えている

また今後もこれまでと同様、ECBや米雇用統計etc 相場変動リスクの大きいイベント前にはEA・ストラテジーといった自動売買システムは停止するという方針に変化はない

今回は偶然良い方に転んだだけで、逆の結果が出ていたら想定外の大損失が発生していたリスクもあったはずだ

『長期に相場で生き残るためには損失リスクを管理することが全てで、短期的な結果に振り回されてはいけない』

そう信じ、今後も利益よりも損失回避に焦点を置いた運用を続けていくつもりだ

まぁ流動性リスクの観点から「重要イベント前には自動売買を停止する」なんて、ある程度の相場経験者にとっては当たり前の常識なんだろうけど・・。

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。
質問・ご意見等あれば気軽に↓DISQUSコメントまたはコチラよりご連絡下さい

RSSリーダーで購読する


外為ファイネスト 選べるカコテン3点タイアップキャンペーンEURAUD

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事


モッピー!お金がたまるポイントサイト
1P=1円でスグ貯まる
[副収入GETへの最短コース]

RSS フィード

FX月別運用成績

2017-1月 円 +¥361 / ㌦  -$18.09
2017-2月 円 -¥13,811 / ㌦ -$16.04
2017-3月 円 -¥5,865 / ㌦ -$10.62
2017-4月 円 +¥6,532 / ㌦ $0
2017-5月 円 +¥11,609 / ㌦ -$13.83
2017-6月 円 +¥4,716 / ㌦ -$30.02 

2016’ 円 -¥37,650/ ㌦ -$633.63
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78
2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3

 


リベート出金 レポート記事はこちら

 

twitter


ページ上部へ戻る