【前月相場を振り返る】1月の月間値幅&変動率など 為替考察(対円通貨)

年が明けて円安→円高方向へと変わってしまった感のある昨今の為替相場ですが、運用は上手く行っていますか?

直近では結構戻していますが、先月はECBの大規模な量的金融緩和(QE)の決定などもあってユーロやポンドといった欧州通貨がすごく値を下げた印象でしたが、下落率では実は緊急利下げを行ったあの国の方が上でした。

今回は【前月相場を振り返る】といういうことで、クロス円の1月 月間値幅&変動率などについて簡単にまとめてみました。

photo credit: MISS♥T via photopin cc

月間値幅&上昇or下落率

↓12月終値と1月終値の増減差額&上昇or下落率

12月終値と1月終値の増減差額&上昇or下落率(円)

1月は上記対円8通貨全てで円高となりました。(スイス・フランは個人的に興味ナシなので取り上げていません)

ひと月の終値ベースでの下落幅ではユーロがTOPでしたが、レートに対する率では原油安→資源価格の下落に伴い緊急利下げを行ったカナダがTOP

また、率にすると実はポンドはそれほど下げていないという点も個人的にはちょっと意外でした。

 

月間総値幅&平均値幅( /日)

月間総値幅&平均値幅( /日)(円)

↑月間での総値動きに関してはこんな感じです。

毎日上下に激しく振れる 大きな変動(ボラティリティ)相場ですね。

この平均値動きについては特にトラリピ注文の値幅設定時に参考となります。

→ FX初心者でも負けにくい投資法トラリピに関する記事一覧

※上記のデータは全てm2jのヒストリカルデータより算出

昨年2014年は1月は大きく下げて2月〜3月末にかけて大きく反発、その後は秋まで値動きのほとんどない凪相場となっていました。

円高(円安調整相場)もそろそろ底を打って、「今年も昨年のように大きく反発してくれないかなぁ」と個人的には少し期待しています。

 

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。

質問等あれば気軽に↓コメントまたはコチラよりご連絡下さい(^^ゞ


外為ファイネスト 選べるカコテン3点タイアップキャンペーンEURAUD

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑1P=1円の超高還元率CBサイト
FX口座等も多数取り扱い
ハピタス経由のFX口座開設で大量ポイントGET!まとめ記事はこちら

RSS フィード

FX月別運用成績

2017-1月 円 +¥361 / ㌦  -$18.09
2017-2月 円 -¥13,811 / ㌦ -$16.04
2017-3月 円 -¥5,865 / ㌦ -$10.62

2016’ 円 -¥37,650/ ㌦ -$633.63
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78
2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3

 


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る