手数料改悪などが続くNETELLER(ネッテラー) 万が一の事態に対する備えも必要か?

Net+カード

海外FXの入出金に非常に便利なオンライン決済サービス Netellerだが、またしても手数料の変更(改悪)が発表された

また、手数料の改悪だけでなく日本人ユーザーは現在Net+カードが利用できない状態となっている

公式サイトには『日本におけるサービスを終了するつもりがございません』とあるが、日本住居者に対するサービス停止という最悪のケースも一応は想定しておいた方がいいかもしれない

NETELLERから発表された今回の改悪内容

今回の変更(改悪)内容は主に以下3点

ブックメーカーなどのギャンブルサイトへの入金(出金も)不可能に

ギャンブルサイトへの入金 出金も 不可能に

まずギャンブルサイトとの入出金が不可能になるということだが「もしかして海外FXも対象となる・・・?」と、心配したがFX、バイナリー業者との送金については問題ないとのこと

→ 「ゲイミング/ギャンブル」はFXとバイナリ業者を含めますか?

 8/11以降、Net+カードの使用が一時停止

Net+カードの利用停止について

Net+カードの利用停止については、あくまで一時的な措置とのことだが、利用停止から10日以上経った現在でもサービス再開予定日についての通知はない(本当に大丈夫?)

手数料(主に為替手数料)の更なる改悪(10/17以降)

https://www.neteller.com/ja/fees

  • 為替手数料 3.39%→3.99%
  • NETELLER口座間の送金手数料 1%→1.9%

基準となるレートがそもそも良くないので、FXのレートをもとに計算すると実質4.5〜5%程度の為替手数料となりそうだ

ちなみに8/24時点のFX ドル円レート 約100.3円をもとに、為替手数料 3.39%で計算すると両替レートは約103.7円になるが

NETELLER 為替手数料 2016 08 24
↑のように、Neteller 計算機ツールで試算したところ両替レートは約104.5円となっている

Paypalも為替手数料として4%程取っているので、NETELLERはボッタクリというわけではないだろうが、FXと比べると手数料高過ぎ!と感じてしまうのは事実

Skrill(スクリル)は日本住居者向けサービスを停止

オンライン決済サービスの有名どころにPaypal、Netellerとは別にSkrill(マネーブッカーズ)というサイトもあるが、このSkrillは2016年9月30日をもって日本から撤退日本住居者向けのサービス終了)を発表している

そしてこのSkrillの運営元はNETELLERと同じPaysafe Groupである

Skrill services in Japanのページに

Currently, the Paysafe Group offers an equivalent electronic money product under the NETELLER brand which is widely used in Japan. If you wish to send and receive money electronically in Japan, please register an account with Neteller

と記載されており、日本の顧客に対してNetellerへの移行を推奨しているが”Crurrently”というワードが少し引っかかる

特に運営元が同じだけに「NettelerもSkrillのように日本人向けのサービス終了を今後発表しそう」と、不安を抱くのは自然な流れだろう

Net+カード このまま期限切れ?

Net+カード

私もNet+カードを保有しているが、カードの期限は今年の12月迄となっている

以前1度だけAmazon.comでの買い物にNETELLERバーチャルカードを使ったことがあるが、このNet+カードは今まで一度も利用したことがない

(2014年 北米旅行時に利用するつもりで持って行ったが、結局スーツケースに入れたままで帰国してしまった)

このまま期限切れを迎えてしまうのだろうか?

最悪のケースに備えたリスク回避プラン

仮にネッテラーが日本人向けのサービス終了を決定したとしても、いきなり抜き打ちで「本日を持って日本人向けのサービスを終了します。以後入出金は一切受付できません」なんてことにはならず、Skrill同様に1ヶ月以上の猶予は与えられるだろう

しかし、発表があってからでは出金依頼が殺到し、処理に大幅な遅れが発生したりする可能性も考えられる。

よって、万が一の場合に備え事前に何かしらの対策を取っておいた方が無難だろう

私個人的には、XMやFxproといった過去に出金経験があり、それなりに安心感のある海外FXブローカーに出金し、しばらく様子をみたいと思っている

▶ 【海外FX 出金レポート】XM→ クレジットカード&ソニー銀行への全額出金を確認
▶ Fxpro cTraderってどう?手数料制だけど利用価値は相当高いぞ

仮にもし、NETELLERも日本人向けサービスを終了するようであれば、金融庁からの圧力は相当なものと想定され、そうなればいよいよ海外FXブローカーも・・・?

我が国のお偉いさん方は、規制を強化すれば問題は解決すると考えているのかもしれないが、日本の中国化が進めば進むほど、国外に逃げていく人達がどんどん増えて逆効果なように思うのだが・・・。

今回はかなりネガティブ思考な内容となってしまったが、現実化しない事を切に願いたい

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。
質問orご意見等あれば気軽に↓コメントまたはコチラよりお願いします
RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑1P=1円の超高還元率CBサイト
FX口座等も多数取り扱い

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る