6.26 現在のリアルポジションとマインド「週明けの相場もまだまだ油断できない」

6.26 現在のリアルポジションとマインド

現在の保有ポジションと予約注文

保有ポジション&予約中注文 どちらもなし

英国の国民投票というビッグイベントが控えていたこともあり、22日夜〜現時点(夜22時半頃)までに新規約定(+現在も保有中)のポジションはナシ

22日夜〜現時点までの決済約定(損切りor利確)

決済約定 2016 06 26 22 12 30
-$8.38 / 0円

英国のEU離脱問題に伴う、極度の流動性低下リスクに警戒しポジションの手仕舞いを行った中、唯一残しておいたEURJPY ショートだったが、ストップロスHITとなり微損

現時点での含み損益

ノーポジションにつき、0円

外為ファイネストFxpro cTraderを含むMT4口座のポジション状況(含み益含む)はMyfxbookで公開中

Brexitショック 対円 対ドル下落率 2016 06 26 22 30 46

現時点におけるポジションマインド

先週は週初〜金曜の早朝まではリスクオフポジションの急速な巻き戻しが進んだものの、英国民投票でEU離脱派の勝利という大方の予想に反した結果となったことで、一気にパニック的な下げ相場となり、株は暴落、そして当然のごとく大幅な円高が進んだ。

「どうせ残留に決まってる」という市場参加者の楽観的思い込みが招いた結果だと思う

22日の記事で『英国国民投票の結果を受けて、相場がどう動くのか?恐ろしいのは事実だが、非常にレアな相場(値動き)が見れるだろうという意味では楽しみでもある』と書いたが、この値動き(暴落の規模)は想像していた以上のものだったが、値動きを見ているだけの身としてはそれなりに面白かった。

ギャンブルトレードに手を出すのは個人の勝手だが、相場と真剣に向き合うつもりなら利益よりも退場させられない事(防御)を第一に考えなくてはならないわけで、今回のような超ビッグイベント時にはやはりポジションは取るべきではないと思う

「マイナンバー」と「追証」に対する警戒感から2016年は海外FX利用者が急増する?

ちなみに先週の終値でもってEURUSDやGOLDなど、いくつかの銘柄で日足トレンドシグナルが発生しているが、今すぐ飛びつくのは控えて、最低もう数日間は様子をみてからポジション保有の有無を決定したいと思っている

→ RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事


モッピー!お金がたまるポイントサイト
1P=1円でスグ貯まる
[副収入GETへの最短コース]

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る