Brexitショックで歴史的な大相場へ!予想が当たるor外れるかは収益に関係ないという典型例

Brexitショックで歴史的な大相場へ

相場は「上がるか?下がるか?という2択予想を当てることが出来れば儲かる」と考えている人が世の中大半だろうが、実際そうではない

正直、私も相場予想が当たれば儲かると以前は考えていた。しかし、相場は売買(エントリー・エグジット)のタイミングと、長期に生き残る(強制退場させられない)為のリスク・資産管理が全てということを、現在では一応多少なりとも理解しているつもりだ

昨日6/24 英国の国民投票でEU離脱派が勝利したことを受け、英ポンドは対円で25円以上、対ドルでも1,500Pips以上の暴落。今後も語り継がれるであろう歴史的大相場となったわけだが、今回の相場を通して予想(相場観)が当たっても相場で勝てるわけではないという事を実感された方も少なくないのではないか?

2分の間に1,000Pips(10円)も暴落した殺人通貨 ポンド円

※以下2つは、外為ファイネスト MT4 Zero リアル口座のチャートをキャプチャしたもの

殺人通貨 ポンド円 5分 2016 06 25 10 06 32
↑は6/24 1日(朝6時〜クローズまで)のポンド円 5分足チャートだが、6:15に高値160円を付けたが13:30には133.5円と約7時間で26.5円(2,650Pips)もの大暴落

殺人通貨 ポンド円 1分 8時 14時 2016 06 24
↑は朝6時〜14時までの1分足チャートだが、8:16からたった2分間で約10円もの瞬間下落を皮切りに→8円反発→9円下落→8円反発→18円下落と、完全な異常事態(流動性パニック相場)

これこそ流動性リスクの恐さ

先日の6/22 現時点におけるポジションマインド

場合によっては数百Pips以上のスリッページを伴う不利約定(ストップロスがほとんど機能しない事態)も十分考えられる為、もし明日〜来週にかけてポジションを取るなら、最悪口座資金の全損で済む(追証リスクのない)海外FX口座しか個人的な選択肢は無い

と書いたが、「ポンド円の買いで155円あたりに損切りを入れていたのに、大幅にスベって約定価格は147円だった」(500Pips以上の不利約定)なんていう人も実際いると思う

もちろん、ポンドだけでなく対円通貨全てで大幅な円高となったわけで、ポンド以外の通貨ペアでも大きなスリッページ(不利約定)は発生しているだろう

ちなみに、英ポンドに次いでユーロも大きく売られたのは言うまでもない

相場予想が当たっても儲からない

正直なはなし、今回のEU離脱問題前後の相場における個人的な相場観(予想)はそれなりに当たっていた。

まず、「直近の相場は円高バイアスがかなり強い(相場は円高方向へ行きたがっている)」という予想は正しかった

そして、6/24朝6時に起床して為替レートをチェックした時、ドル円が106円代まで上がっているのを見て「もし離脱なら暴落、残留でも(Sell The Fact)材料出尽くしで下げるのでは?」と予想し、どう考えても売りにエッジがあるだろうと考えていた

しかし、実際にポジションを取ったかというと、流動性不足によるスプレッドの急拡大+大幅な不利約定といったリスクを考え、一切手を出さず様子見に回った

結果として、今回のEU離脱問題を巡る直近の相場では儲けるどころか、若干(-1万円強)のマイナスに終わったわけだが、昨年のスイス・フランショック〜チャイナ・ブラックマンデーに続き、今回のBrexitショックという大暴落相場を回避できた点については嬉しく思っている

ただ、離脱派が勝利という結果と、その結果を受けた暴落の規模については正直予想外だった・・・。

結論・さいごに

このように、相場観(予想)が当たっても実際にポジションを取らなければまったく儲からないし、仮に予想的中率が9割であろうが、予想を外した際の値幅とポジション量次第ではトータルマイナスも十分あり得る

よって、相場予想が当たれば儲かるという考えは、勝率が高いほど儲かるという考えと同様、大間違い

相場で儲けるには『如何に損を小さく抑え、利を大きく取るか』が全てであり、長期に生き残るには致命的損失(大損)を如何に回避できるかが生命線となる

読者の方の中にも、今回の相場で実際に大損を経験してしまった方もおられるかもしれないが、負けた分をすぐに取り戻しそうなどとは決して考えないで欲しい

そういった平常心を持ち合わせていないトレードでは大抵、負債を更に増やす『玉砕パターン』に終わる

リスクはある程度のコントロールが可能だが、リターンをコントロールすることはできない。

マーケットはほとんどのトレーダーを失望させるためにやるべきことをやっている。マーケットはあらゆる手を使ってあなたのあらゆる動きやトレードを疑わせ、トレーディングを出来るだけ難しくしようとして最大の逆境に直面させる。
〜中略〜
残念なことにほとんどのトレーダーは手遅れになるまでこの原則を学ばない。しかしトレーディングで生き残るためにはそれを認めて、理解し、尊重しなければならない。さもなければ、あなたのトレーディングは確実に破たんする

引用元:私にとってのバイブル書『システムトレード 基本と原則』P68より

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。
質問orご意見等あれば気軽に↓コメントまたはコチラよりお願いします
RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事


モッピー!お金がたまるポイントサイト
1P=1円でスグ貯まる
[副収入GETへの最短コース]

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る