[2016年5月]勝ち負け関係ナシに全て晒す FXリアルトレード月間成績

[2016年5月]勝ち負け関係ナシに全て晒す FXリアルトレード月間成績

セルインメイで有名な5月相場だけにトレンド相場の発生に期待していたが、全くそんなこともなく、基本的には方向感のない「買ってヤラレ、売ってヤラレ」となりやすいランダム相場がずっと続いていた印象

結果から先に述べると、5月も引続き月間成績はマイナスだった(敗因は、逆張りトレード)

ということで、今回は毎月恒例の恥さらし企画 FXリアルトレード月間成績の公開

5月 決済約定済み 全トレード結果

5月 決済約定済み 全トレード結果 201605
↑クリックで拡大(損益金額は若干アバウト)

前月と同様、手動売買をメインとしつつも、EA カコテン(外為ファイネスト)、Bandcross3(XMドル建て②)、みんなのシストレ(ストラテジー運用)といった自動売買も同時に行った

シストレ運用に関しては主に『脱!敗者のゲーム』(別サイト)の方で取り上げています

小額通貨 手動売買トレード

SBI FX

損益 -3,639円-221Pips) 含み損益 0円 保有ポジション なし
SBI FX 1 2016 06 04 23 15 33
SBI FX 2 2016 06 04 23 20 38
計10ポジションの内、2件が逆張りポジション

EURUSD 週足の順張りポジションで、-8,000円強の損失

マネパ nano

損益 -2,746円-197.4Pips) 含み損益 0円 保有ポジション なし

マネパ nano 2016 06 04 23 24 44
マネパ nano 2016 06 04 23 30 39
NZDUSDは日足順張りポジションで、AUDJPYはスマホappでの誤タップによるもの

リアルポジションとマインド「だましシグナル連発中!NZDUSD」で書いたように、1月以降 NZDUSD のエントリーシグナル(日足ベース)は、全てダマシに終わっている

デューカスコピー・ジャパン JForex

損益 -2,701円-212.3Pips) 含み損益 0円 保有ポジション なし

デューカスコピー ジャパン 2016 5
デューカスコピー ジャパン 2016 5v

5月にデューカスコピー・ジャパン Jforexで行ったトレードは、USDCADの逆張り1件のみ

▶「デューカスコピー・ジャパンのECNプラットフォーム JForexは使える?

Fxpro cTrader ドル建て①

損益 -$68.79(-278.3 Pips) 含み損益 $0 保有ポジション なし
Fxpro cTrader ドル建て① 2016 06 04 23 43 29

為替だけでなく、GOLD、SILVERといった商品もトレードしたが、全て損切りに終わる(4件 全てトレンドフォロー)

Fxpro cTrader ドル建て②

損益 $24.46(-43.5 Pips) 含み損益 -$2.5 保有ポジション EURUSD 3k

Fxpro cTrader ドル建て② 2016 06 04 23 54 08

日々のリアルポジションとマインド記事で「95点評価 AUDCAD 順張り」 と書いたように、AUDCADの順張りポジションに関しては満足の行く結果となった

ただ、逆張りポジション( 青線で囲った3件)がダメダメ・・・。

MT4(メタトレーダー) 手動スイング・トレンドフォロー&EA自動売買

みんなのシストレ

損益 -2,563円-235.1 Pips) 含み損益  $0 保有ポジション なし

みんなのシストレ 201605
みんなのシストレ 201605

昨年8月以降停止していた「みんなのシストレ」でのストラテジー運用を久々に再開した

みんなのシストレ 2016 05 12 21 52 25
セレクトしたストラテジーは↑にあるようにDonChanバンドクロスの2つで、どちらも0.1Lot(1,000通貨)単位でポジションを取るようにコピー金額を設定(残高の約10%)

引用: 5.12 現在のリアルポジションとマインド記事

尚、5/25以降リスク回避処置として、ストラテジーのセレクト運用は停止中(再開はおそらく6/17以降)

XeMarkets (XM) ドル建て② EA Bandcross3

損益 -$2.5-25.0 Pips)  含み損益  $0 保有ポジション なし

XM ドル建て② EA Bandcross3 2016 06 04 23 58 12

EA Bandcross3 EURUSD v8.8による自動売買

本EAは完全なデイトレ仕様である為、オーバーナイトリスク&マイナススワップについて気にする必要がない点が良い

▶ Bandcross3の運用口座にXMを選んだ理由についてはこちら

Traders Trust ECN-円建て①

損益 505円(30.6 Pips) 含み損益  $0 保有ポジション なし

Traders Trust ECN 円建て① 2016 06 05 0 02 02
USDCADの逆張りポジション 1件のみ

1Lot(10万通貨)あたり、片道$2.5と割安な取引手数料が魅力の本ECN口座だが『ちゃんと出金できるか? 処理はスムーズに行われるか?』等を実際に確かめるべく、先日ソニー銀行への出金依頼を行った

既にTraders Trustからは既に出金処理完了とのメールを受信しているが、後日ソニー銀行への入金が確認でき次第、海外FX出金レポート記事として公開予定

▶ 「マイナンバー」と「追証」に対する警戒感から2016年は海外FX利用者が急増する?

OANDA JAPAN(fxTrade口座)

損益 -405円-7.1 Pips) 含み損益 0円 保有ポジション なし

OANDA JAPAN fxTrade口座 2016 05

OANDA JAPAN MT4口座からfxTrade口座へ2万円 資金移動し、トルコ・リラ円を順張りショート(損失額の半分以上がマイナススワップによるもの)

エントリーシグナルに素直に従って、5/4の始値でエントリーしていれば多少は儲かっていたはずのポジションだが、日本が連休中ということもあり、流動性リスクに対する懸念から連休明け後にエントリー

外為ファイネスト 円建て 手動+EA「カコテン AUDJPY & EURAUD」

損益 -233円-6.9 Pips) 含み損益 0円 保有ポジション なし

外為ファイネスト 円建て 2016 05
5月はEAカコテン[iIchimoku AUDJPY ショートONLY設定]でのトレードのみ

ただし、実際に自動売買を許可していた期間は11-19,23-25の約10日間のみで、他はリスク回避処置として停止させていた

iOsMA (type DI) EURAUDに関しては、現在不調に陥っているとの判断し、4/21のECB発表前に停止して以降は稼働再開を見送っている

結局、5月は約1,150Pips程度のマイナス成績だったようで、あくまで今回のケースにおいては当EA停止処置により損失を回避できた

損小利大の優秀ロジック搭載のEAだけに、数ヶ月以内にはまた復活するのでは?と、期待しているが果たして・・・?(もちろん、今後また調子を取り戻してきた際には、稼働再開予定)

ちなみに、カコテン iOsMA (type DI) EURAUDの方は現在、外為ファイネスト or アヴァトレード・ジャパンいずれかのMT4口座開設で無料プレゼント対象EAとなっている

→ 外為ファイネストは国内MT4口座の中でも穴場!そう考える理由とは?

取引口座別 月間成績(収支)

取引口座別 月間成績 2016 5
↑5月に決済アリの口座、または末時点で証拠金残高がある口座のみ(キャンペーン・キャッシュバック報酬等は一切含まない

このように、2016年5月の月間成績は円口座 -11,782円 /ドル建て口座 -$46.83と、円換算($1=107円計算)で 約17,000円のマイナスという結果となった(決済確定ベース)

月末時点での保有ポジションは EURUSD 3kのみで、含み損益も僅かにマイナスの状態で5月→6月相場へ移行

5月に行った口座別 出金・入金

口座別 出金 入金 2016 5 15 06 38

順張り・逆張りトレードの成績

順張り 逆張りトレードの成績 2016 05

損益金額ベースでは
トレンドフォロー(順張り)→ +$16.35 / -4,942円 =円換算 約3,200円のマイナス
逆張り→ -$61.13 / -3,893円 =円換算 約10,500円のマイナス

トレンドフォロー(順張り)においては、平均損益比率(ペイオフレシオ): 3.0と損小利大のトレードを実現できてはいるが、勝率が15.8%と低すぎ!

逆張りに関しては、ペイオフレシオ0.2と損大利小&勝率も3割以下と、目も当てられないレベルの酷い結果

さいごに

5月も引続き月間トレード成績マイナスとなり、月単位(利確ベース)での連敗ワースト記録更新となってしまった

冒頭にも書いたように、一番の敗因は逆張りトレードの酷さである

5月は株安・円高方向(リスクオフ)へのトレンドを示唆するシグナルが発生すれば、運用資金の約6%にあたる13万円程度の損失リスクを取って勝負に出る予定だったが、残念ながらそういう機会は訪れなかった

6月もまた方向感のないランダム相場が継続するのかもしれないが、自分の相場感(主にリスクオフ)とテクニカルが合致した場合には、全ポジションで最大6%程度の損失リスクを許容して勝負したいと思っている

ストップなしの売買システムは、売買システムではない。ただのジョークだ。
そういうシステムでトレードするのは、シートベルトなしで自動車レースに挑むようなものだ。
勝つこともあるだろう。だが、最初の事故で死ぬこともある
ストップがあることで、あなたは現実とつながっている。収益に関しては人は都合の良い考えを持ってしまう。
しかし、ストップをどこに置くか決めることで、どこまでなら下がり得るか考えるようになる。そこでは本質的な問いが強いられる
引用元:利食いと損切りのテクニック 第5章 ストップで売る

利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)

新品価格 ¥4,104から (2016/5/1 21:58時点)

今回の内容は以上です。質問・ご意見等あれば気軽に↓DISQUSコメントまたはコチラよりご連絡下さい

RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑1P=1円の超高還元率CBサイト
FX口座等も多数取り扱い

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る