「マイナンバー」と「追証」に対する警戒感から2016年は海外FX利用者が急増する?

2016年は海外FX利用者が急増する?

世の中、海外FX口座 =「危険」or「詐欺」なんていうネガティブなイメージを持っている方が大半だろうと思うが、今年はこれまで以上に海外FX利用者が増加するだろうと予想している

現に今年に入ってからマイナンバーの通知に対する問い合わせのメールも数件頂戴しているし、当サイト経由での国内FX口座開設数も、昨年までは毎月数件程度はコンスタントに発生していたのが、1月以降ほぼ0に減少、反対に海外FX口座の方は増加傾向にある(元々サンプル数が非常に少ない為、参考にならないかもしれないが)

私は国内、海外両方のFX口座を利用しているが、海外FX口座の利用に関して不安がないというわけでは無い

【重要!!】海外FXを利用する上での落とし穴 でも書いているように、海外FX口座の利用は出金拒否や資金持ち逃げなどに遭うリスクが存在することは事実であり、仮にもしそういった事態に陥った場合、泣き寝入りとなる可能性が非常に高く注意が必要だ

ただし、そんなデメリットがある反面『海外FX口座を利用することで得られるメリット』というのも非常に大きいのは事実であり、口座の選択ならびに預け入れ資金量(必要最低限のみ入金)などに注意を払えば「得られるメリットがそれらデメリットを上回る」と考えている為、私は国内口座だけでなく海外口座も併用しているわけである

ということで、今回は『今年2016年はこれまで以上に海外FX口座の注目度が向上し、利用者が急増するのではないか?』と考える理由について取り上げてみたい

マイナンバー提出に対する不安は相当大きい

2016年1月〜スタートしたマイナンバー制度だが『単なる人権侵害制度だ』という声も少なくないようだ

また、ニュース記事「マイナンバーのせいで証券口座の新規開設が激減!?」でも取り上げられているように、国内証券会社の新規口座開設数が相当な落ち込みとなっているらしい。

もちろん、年初からリスクオフ(株安円高)相場となったことも1つの理由ではあるのは間違いないだろうが、今年以降の新規口座開設者はマイナンバー通知が必須となったのが相当大きいと思う

現に私も2016年1月にデューカスコピー・ジャパンの口座開設を行ったが、マイナンバーの提出に対してはかなり違和感(抵抗&不信感)を感じた
(口座開設は完了していもマイナンバーを提出しなければ取引を開始できない)

Profileページに記載しているように、2011年〜現在まで国内に存在するほぼ全てのFX(証券会社)の口座開設を行ってきたわけだが、これまでに口座開設してきた口座へのマイナンバー通知は期限ギリギリまで(現時点では2018年 末迄)引っ張るつもりでいる

既にマイナンバー詐欺などといった問題も発生しているようだが、個人的にも今後数年以内にで更に重大な問題が発生し、ひと騒ぎ起こるのは避けられないと思う

海外FX口座ならマイナンバー提出は不要

日本金融庁の管理下にない海外FX口座であれば、マイナンバーの提出不要で口座開設ならびに取引が開始できる。

これが今後(マイナンバーに対する不信感が払拭されるまで)海外FX利用者が増加するだろうと考える一番のポイントでもある

ただしこの流れが加速していった場合、今後以下のような問題が発生するかもしれない

出金拒否などを行う詐欺業者の増加

日本人の海外FX口座利用者数が増えるに従って、主に日本人顧客をターゲットとした詐欺業者もおそらく増加することが予想される

通常こういった詐欺業者は、顧客と預け入れ資金を増やすためのアメ巻き(かなり魅力的なキャンペーンなど)を行うといわれている

アメだけ拾って、早期に撤退すれば非常にオイシイ思いをすることも可能だが、最後まで付き合っていると預け入れ資金全額を持ち逃げさるかもしれない。口座選びは慎重になるべきだろう

危惧される問題2 海外FX口座の利用に対する規制強化

もし今後、海外FX利用者が急増するような事態になった場合、金融庁による規制(圧力)が強化される可能性も否定はできない。

法律で『海外FX口座でトレードすることを違法とする』なんてことは難しいと思うが、日本住居者に向けてサービスを展開している業者(ブローカー)に金融庁が更なる圧力を加えることで、日本住居者向けのサービスを終了するFX業者も今後出てくるかもしれない

現にオーストラリアのブローカー(有名どころでは)Pepperstone, Thinkforex, IC Marketsなどが、昨年までに日本住居者向けサービス終了に追いやられている

gf01a201502210800

最大の隠れコストとも言える『追証』リスク

国内のFX口座では(法人口座を除き)証拠金レバレッジ25倍というレバレッジ規制がなされている。

過去に【FXのウソほんと】ハイレバFX口座=危険という間違った認識と題した記事でも述べたように【ハイレバ口座=危険】というのは間違いで、証拠金(運用資金)に対してレバレッジをかけすぎたリスク過剰な注文=危険というのが正しい認識である

個人的には『日本のレバレッジ規制は顧客保護よりもブローカー(FX業者)保護の意味合いの方が強い』ように思う。

というのは、●●ショックのように多くの顧客で多額の追証が発生した場合、FX業者が全ての顧客からその追証分を取り立てるのはほぼ不可能な為だ

直近の例ではスイスフラン・ショック、チャイナショック(別名チャイナ・ブラックマンデー)など

証拠金レバレッジを25倍に規制しようとしまいと、実質レバレッジベースで無理のある注文を行うトレーダー(ギャンブラー)に追証は付き物だ

スイスフラン・ショックはかなり極端な例だとしても、今後もストップロスが上手く機能しないような、凄まじい暴落(暴騰)相場必ずまた発生するわけで、そういった万が一のケースから身を守るには追証リスクのない『ゼロカット』採用の海外FX口座を利用するしかない(最悪でも預け入れ資金の全損で済む)

今年2016年に入ってからも1,2月の株安、円高局面で強制ロスカット&追証発生となったトレーダーも少なくなかったわけだが、年末までにそれ同様(または遥かに上回る)規模の流動性パニック相場が発生する可能性は低くないと思う

参考→YJFXで口座残高が0どころかマイナス(追証発生)となったトレーダーの方々

海外FXを利用する上でのリスク・コントロール

一番重要なのが業者選びで、ネットで検索しても名が上がらないような無名の新興業者、金融ライセンス未取得業者は避けるべきだろう

私が過去に当ブログで「私がiGaitameをオススメしない理由 」と題した批判記事を書いたことのあるノーライセンス業者「iGaitame」は、出金拒否が相次いで近頃問題となっているようだ

また、ノーライセンス業者と知りながらも人柱覚悟で口座開設し、期待通りのリターンを得ることに成功した「ダイナミックトレード」についても、今年に入ってからカスタマーサポート、出金手続きに遅延が発生しているもよう

【注意】ご利用をお勧めできないFX会社について(海外FXお役立ちブログ)

預け入れる資金は必要最小限がベター

業者選びの次に『過剰な資金の預け入れは出来るだけ避ける』ということも、海外FX口座を利用する上で重要なリスクコントロールの1つだろう

例えばXMやFxproのように、知名度も評判も特に問題ない業者を利用する場合でも「資金持ち逃げ(出金拒否)」という最悪の事態が発生する可能性がないとは言い切れない(少なくとも国内FX業者よりは高いと思う)

仮にそうなった場合、泣き寝入りとなる可能性が非常に高いわけで、いくらメジャーな業者であろうと万が一のケースに備えて、預け入れる資金量は必要最低限に留めておくのがベターだろう

さいごに

海外FX口座の利用はネットショッピングと少し似ているような気がする

例えば、海外メーカーの製品を世界的オークションサイト ebayから買うのと、国内のヤフオク!で買うのとではebayの方が詐欺に合うリスクは高いが、価格はebayの方がずっと安いというケース。

しかし、事前にセラー(売り手)の評価をチェックしたり、質問を行って対応の仕方等を確認することで詐欺に遭うリスクは軽減させることができる

FXと同様、リスクを完全に排除することは不可能だが、リスクを軽減(コントロール)することは可能だ

個人的に推奨できる海外FX口座

最後に個人的に推奨できる海外口座についても少し触れておくと『Fxpro, XM, FXDD』の3社は知名度も高く、無難な選択肢だと思う(個人的にはcTraderも利用できるFxproがオススメ)

少なくとも、私がこれまで過去2年間(orそれ以上)これら3つのFX口座を利用してきた限りにおいて、日本語でのサポート〜資金の出金まで問題なく完了している

(最近ではTraders TrustのECN口座を口座開設したが、こちらはまだ計1万通貨トレードしたのみで、出金は未経験)

参考→ 海外FX 出金レポート記事

「海外FX=危険という世間一般的なイメージは間違いである」とは言わないが、基本的に【リスクとリターンは比例する】というのも事実

「リスクをコントロールするという意識が極端に乏しい場合を除いては、海外口座を利用したからといって早々痛い目に遭うことはないだろう」というのが、私個人的な意見である

ちなみに、リベートサイト Finalcashback経由で口座開設すると、取引量に応じてキャッシュバックが貰えるのでお得。さらに今ならレンジトレードEA「Final Repeat」が無料で利用可能という特典付!

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。
質問orご意見等あれば気軽に↓コメントまたはコチラよりお願いします
RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑1P=1円の超高還元率CBサイト
FX口座等も多数取り扱い

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る