3.15 現在のリアルポジションとマインド「ドル円ショート擬似トラリピで利確発生」

3.15 現在のリアルポジションとマインド

今週の注目イベントの1つである、日銀金融政策決定会合では更なる追加緩和は発表されず、相場は若干株安・円高の動きへ

この動きにより、マネパの連絡予約注文によるドル円ショート擬似トラリピポジションで2件の利益確定が発生!
下手すると1度も利確が発生せずに、ストップロス到達も予想していただけに、この利益確定は素直に嬉しい。

現在の保有ポジションと予約注文

保有ポジション
現在の保有ポジション2016 03 15 18 38 21

予約注文
予約注文 2016 03 15 18 38 35

AUDUSD、AUDNZDの注文レートを少し変更(AUDNZDはストップロスを少しタイトに)

昨日の記事で、予約注文が全てストップロスとなった場合の想定損失額は円換算で-6.6万円程と記載していたものの、あれはカコテンEAを3通貨(豪ドル円、ポンド円、ユーロ豪ドル)で稼働させていた場合の数値であり、正しくは-5.2万円程(カコテンEAは現在停止中)

前日から現時点までの決済約定(損切りor利確)

ドル円 ショート擬似トラリピ 2016 03 15 18 33 53

前日の記事作成時〜現時点までの決済約定はドル円ショート擬似トラリピの利確が2件のみで、ストップロスHITなどによる損切りはナシ

現時点での含み損益

現時点での含み損益 2016 03 15 20 34 15

おそらく明日のFOMCを前にしたポジション解消が主な理由だと思うが、株安・円高のリスクオフの動きとなっており昨日よりも含み損が少し増加

個人的 ポジションマインド

オーストラリア RBA議事録では『更なる利下げ余地』についての記載があったようだが、市場はもうしばらく現状維持(金利据え置き)を予想している模様

豪ドル(AUDUSD)も0.74あたりで下げ止まって欲しいが、全ては明日夜中に行われるイエレンFRB議長の発言内容次第でしょう

今回のFOMCでは、ある程度の乱高下は不可避だと思う。
個人的な願望としては結局ハト派的な内容に終わり、4月に向けて多少なりともリスクオン相場へ発展して欲しいのだが、果たしてどうか?

RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事


モッピー!お金がたまるポイントサイト
1P=1円でスグ貯まる
[副収入GETへの最短コース]

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る