【本音レビュー】デューカスコピー・ジャパンのECNプラットフォーム JForexは使える?

【口座開設&取引レビュー】デューカスコピー・ジャパンのECNプラットフォーム JForexは使える?

[オリジナル記事公開日]2016.1.23 高金利通貨(トルコ・リラ円、南ア・ランド円)の追加、プラットフォームの使い勝手が向上した点などをふまえ一部修正&追記→以前の記載内容はこちら

国内には数多くのFX業者が存在するが、ほとんどがDD(Dealing Desk)方式であり、NDD(No Dealing Desk)方式のFX業者はかなり限られている

そしてNDDの中でも最も透明性の高いECN方式を採用しているのが、アルパリ・ジャパンを買収したDukascopy Bank SAの子会社「デューカスコピー・ジャパン」JForexだ
本格始動!スイスから来たFX会社「デューカスコピー・ジャパン株式会社」

2015年11月よりサービスを開始したデューカスコピー・ジャパンだが、私は2016年 1月に口座開設し、現在も継続して利用(トレード)している

ということで、今回はデューカスコピー・ジャパン JForexのメリット&デメリット、プラットフォームの使い勝手などについて

デューカスコピー・ジャパンを利用するメリット

国内FX業者のほとんど(ほぼ100%)が、取引手数料無料でサービスを提供している中「取引手数料制のデューカスコピー・ジャパンでトレードする理由が見当たらない」と考えるトレーダーは多いだろうと思うが(特にFX初心者)、もちろんメリットは存在する

ノーディーリングデスク ECN方式による激狭スプレッド+透明性+約定力

JForexは手数料制ながら、ディーリングデスクを一切介さないECNタイプのNDD口座であり、インターバンクプライスがそのまま反映&注文時に即時約定される

•即時約定
SWFXのテクノロジーにて、多様なお客様の取引注文を弊社のカバー先であるDukascopy Bankを通じて、SWFXの流動性プロバイダーにより瞬時にヘッジすることが可能です。現在弊社のカバー先であるDukascopy Bankは、バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ、コメルツ銀行、野村證券、バークレイズ銀行、 カレネックス社、スカンディナビスカ・エンスキルダ・バンケン(SEB)、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース銀行、ソシエテ・ジェネラル銀行、UBS銀行、ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インク、シティ・バンク エヌ・エイ、ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行、香港上海銀行、BATS Global Markets,Inc(HotstpotFX)、Lava – FX、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・リミティッド・ライアビリティ・カンパニー等の流動性プロバイダーとリレーションシップを構築しております。
•低スプレッド
SWFXは世界的に有名な金融機関および他のECNネットワークから流動性の供給を受けています。これら多数の金融機関やサービス・プロバイダーとのリレーションシップにより、SWFXはFX業界において「より高いレベルの流動性のご提供」と「低スプレッドのご提供」を実現しています。
•ECNによる高い流動性
世界の主要銀行との協力関係により、Dukascopy Bankは大口注文を流動性プロバイダーのネットワーク内で瞬時にヘッジさせることにより、大口注文の約定を可能にしました。例えば、弊社において、お客様はワンクリックで最大で2億米ドルまでの取引が可能となっております。

国内業者の多くはディーリングデスク(DD)方式で、インターバンク価格では実現不可能レベルの激狭スプレッドを(※原則固定)というかたちで提供しているが、指標発表時などちょっとした事でスプレッドが大幅に拡大し、信じられないレベルのスリッページ(注文レートよりもかなり不利なレートで約定)が発生することも少なくない(※業者によって大きく差がある)

DD業者は意図的にスプレッドを拡大させ、ストップロス・ハンティング(俗に言うストップ狩り)を行ったり、ディーラーにとって都合の悪い注文に対しては約定を拒否、顧客の注文を市場に流すことなく呑むことも理論上可能となっている

つまりDD業者での取引は、市場ではなくディーラー(FX業者)と取引を行っているのと等しく、『利益相反』つまり顧客が損をした分だけ会社が儲かる

一方でNDD業者は、ディーラーを介さない取引であるため利益相反ではなく、顧客のトレード量に応じて発生する手数料で儲ける仕組みとなっている(顧客の勝ち負けは会社の収益には関係なし)

また、JforexはNDD方式の中でも最も透明性の高いECN口座であり、デューカスコピー・ジャパンを利用する1番のメリットは「レート操作によるストップ狩りや、約定拒否などといった人為的リスクから逃れることができる」ということだと思う

もちろんECN口座にも弱点があり、窓開けスタート時や、スイス・フランショック時のような極度の流動性枯渇時には、大幅なスリッページ(不利約定)は回避不可能であり、場合によってはDD業者よりも不利なレートで約定するケースも有り得る

ECN口座で窓開けリスク等にも対処したいなら、極論を言うとゼロカット(追証なし)制度を採用している海外ブローカーのECN口座を利用する以外に方法はない

参考→ Fxpro cTraderってどう?手数料制だけど利用価値は相当高い

高金利通貨 トルコ・リラ&南ア・ランドも取引可能に!

dukascopy-jp-tryzar-min MT4やcTraderと同様に、他一般的な国内FX業者と比較して取引可能な通貨ペアが豊富というのも、デューカスコピー・ジャパンのメリットの1つといえるわけだが、2016年8/15より日本人トレーダーに人気の高金利通貨ペア TRYJPY、ZARJPYの取り扱いが開始された

スワップ(金利)条件もかなり優秀だが、注目したいはスプレッドの方で、リラ円,ランド円どちらも1Pip(1銭)以下で推移している事が多い(もちろん流動性の乏しいオセアニアタイムなどは拡がる)

特にTRYJPYのスプレッドがここまで狭いFX業者を私は他に知らない(但し、新興国通貨ということもあり、必要証拠金は10%(レバレッジ10倍)とやや高めに設定されている)

他にもJForexの特徴(メリット)としてcTraderと同様、「ストラテジーによる自動売買+バックテストも可能」などといった点が挙げられる

ディスカウント方式の取引手数料

次にデューカスコピー・ジャパンの取引手数料について見てみよう

デューカスコピー ジャパン 取引手数料
↑はiPadアプリでログインし、手数料表 確認画面をキャプチャしたものだが、このように手数料は一律ではなく取引金額、預り金総額、純資産額に応じたディスカウント方式を採用しており、53万円を入金した時点での手数料は【100万円の取引あたり 片道33円】となっている

取引手数料の計算方法

ここでは例として、前述の【100万円の取引あたり 片道33円】という手数料条件で、ドル円レート120円の時に1万通貨のポジションを取った場合の取引手数料を計算してみる

120円 × 1万通貨 = 120万円分の取引

手数料は100万円の取引あたり33円なので、この1.2倍= 39.6円が片道での手数料で、往復では約80円という計算になる

ドル円 1万通貨に対して80円は0.8Pipsに相当する為、このケースでは手数料込みの実質スプレッドは1〜1.5pip程度と考えていい(デューカスコピー・ジャパンのドル円スプレッドはおおよそ0.1〜0.5Pips間で推移している為)

ほか多くの国内DD業者では、【ドル円 スプレッド0.3銭(※原則固定)が普通】といえる現状において、1銭を超えるこのスプレッド条件は魅力的とは言えない 事実、私のように用意できる証拠金が少なく、トレード数量も1万通貨未満がメインの小口(貧乏)トレーダーにとっては、スプレッド・約定力ともに優秀なSBI FXOANDA JAPANなどでトレードを行った方が収益的にプラスとなりそうだ

しかし、私のような資金力の乏しい貧乏トレーダーであっても、準メジャー〜マイナー通貨(例えばUSDCADやTRYJPYなど)の取引においては、『手数料を考慮しても他FX口座よりも低コスト』+高い約定力と透明性が得られるわけで、デューカスコピー・ジャパンのを利用する価値は大いにある

1口10万通貨以上のトレードがメインの方や、500万円以上の証拠金を用意できる方にとっては特に、ドル円やユーロドルといったメジャー通貨の取引においても、デューカスコピー・ジャパンでトレードした方が総合的に見て有利だろう

予想以上に優秀なデューカスコピー・ジャパンのスワップ条件

スワップについてはデューカスコピー・ジャパンのロールオーバー・ポリシーのページで確認可能

デューカスコピー ジャパン スワップ 2016 01 22 16 56 26
↑は2016.1/22時点 ユーロクロス通貨ペアのスワップ(円 /10万通貨あたり) だが、このスワップ条件は他口座と比べてもかなり優秀な部類に入る

Jforexトレードプラットフォームの使い勝手は?

当記事公開時には “取引プラットフォームの使い勝手はMT4やcTraderと比べるとイマイチという印象を受けた” と記載していたが、最近ではMT4の代わりにJForex(新バージョン)をメインのチャートソフトとして利用している(株INDEX、商品などは今でもMT4を利用中)

お客様各位 平素よりデューカスコピー・ジャパンをご愛顧頂き、厚く御礼申し上げます。 この度、これまでの良いところはそのままに、新しく生まれ変わった JForexのご提供(デモ版)を開始致しました。 主な新機能:

  1. 新規注文パネルにスプレッド表示
  2. マルチタイムフレームをインディケーターに追加
  3. インディケーターをナビゲーターからドラッグ&ドロップでチャート表示
  4. JForex全体を拡大表示するズーム機能
  5. ポップアップによる注文通知機能
  6. 35種類のインディケーター追加
  7. 取引単位表示にロット(10万通貨単位)を追加
  8. 通貨ペアの検索機能 その他様々なところで改善を加えています。

JForexベータ版リリースのお知らせ 8.25

新しいJForex(ver3)は現在まだベータ版であり、デモ口座でのみ利用可(10/1時点)となっているが、多くの新機能が追加されとても使いやすくなっている

さらに、以前はJava必須のダウンロード版しか提供されておらず、私がメインPCであるMac上ではログインできなかったわけだが、現在はJava不要のインストール版が提供されており、私のMac上でも快適に利用できるようになった点は大きい

新しいJForex(ver3)では各通貨ペアのスプレッドも表示されるようになり、チャートソフトとしての使いやすさはMT4を凌ぐと個人的には感じている

またチャート設定「注文のビジュアル化」を有効にすることで、MT4やcTraderと同様に、決済済みポジションのエントリー&手仕舞いポイントをチャート上に表示することも可能だ

あとはトレード解析ツール Myfxbookとの連携ができるようになってくれる事を期待したい

総括・まとめ

JForexでは売買ストラテジーを自作し自動売買を行うことも可能なようだが、MT4に比べるとユーザー数が圧倒的に少なく、現状ではまだ情報量も乏しい為、自作のハードルはかなり高い(この点についてはcTraderも同様)

取引手数料を含めた取引条件面では、Fxpro cTraderよりもJForexの方が有利だが、証拠金500万円以上を用意できないという個人的な資金不足事情などもあり、現状ではどちらかと言うと追証リスクのないFxpro cTraderを優先して利用することになると思う(状況次第で使い分ける)

デューカスコピー・ジャパンは、どちらかと言うと「それなりに資金力のあるトレーダー向けのFX口座」ではある印象なのは確かだが、精度の高いヒストリカルデータのダウンロードが可能だったり、チャート機能もかなり優れており、トレーダーの資金量に関係なく利用価値は十分ある

今後日本人トレーダーの間でJForexが普及してくれば、ストラテジーの作成方法や有効利用法などについての情報も得られやすくなるだろうし、これからに期待の持てる国内FX業者だと思う

ちなみに、デューカスコピー・ジャパンの口座開設でも「スペシャルレポート(売買ルール)」or「インジケーター4点」or「自動売買ストラテジー」のいづれかを無料特典としてもらうことが可能となっているのでお見逃しなく!

▶  新規口座開設でもらえる無料プレゼントと、確実にGETする為の手順・注意点

私は「JForexインジケーター 4点セット」を口座開設特典として申し込んだが、残念ながらこれらインジケーターによる売買シグナルは、私のトレードスタイルには合わないものだった

個人的には最近キャンペーンが開始された「月光為替 スペシャルレポート〜時間帯の差による優位性を利用した売買ルール」特典に興味アリ

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。
質問・ご意見等あれば気軽に↓DISQUSコメントまたはコチラよりご連絡下さい

RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑1P=1円の超高還元率CBサイト
FX口座等も多数取り扱い

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る