FOREX.comのMT4口座開設でもらえる無料EAを独自分析

FOREX.com RVI System

MT4を扱う国内業者の中ではおそらく1番人気、顧客満足度No1のForex.com

そんなForex.comのMT4口座開設でインジケータ3つ+EAが無料でもらえるキャンペーンが期間限定で開催されている
FOREX.comお客様プレゼント

「新規口座開設者全員に」と書かれているが、既にForex.comのMT4口座を開設済みの方であっても、期間中に追加で口座開設すれば当キャンペーン特典は受け取れるようである

タイトル通りだが、今回はそんなForex.comのMT4口座開設でもらえる特典内容について

貰える特典 インジケーターとEAの利用法について

本キャンペーンの特典(インジケーター&EA)の内容、使い方等については山中先生のセミナー動画を確認するのが一番手っ取り早いでしょう

→ FOREX.com口座開設キャンペーンインジケーター + EAの有効利用法

特典インジケーターに対する個人的な感想

まず、インジケーター Global Searchは以前このブログでも紹介したことのあるマネパのかんたんトレナビと似たもので、「テクニカル分析?何それ?」というレベルのFX初心者であっても、テクニカル的に今どの通貨にトレンドが出ているのか?売られすぎor買われすぎレベルにあるのか?等を視覚的に判断できるというもので、なかなか面白いインジケーターである

ただ、個人的には「日足でのテクニカル分析を最も重視している」ということ、「Forex.comは日足6本表示」という2つの理由から利用する機会はあまりないかもしれない

次に5 Daily Candlesについてだが、FxproやOANDA Japanなどの他MT4チャートを見ればよいので特に必要性を感じない。

MTF Moving Averageもなかなか面白いインジケータだと思うものの、日足6本というのがネックで利用する機会は無さそう

私個人的には日足のテクニカル分析結果に重きを置いている以上、6本表示であるForex.comのチャート利用には特に関心がない(外為ファイネストも同様)。ただ、もっと短い時間足を使ってトレードする短期トレーダーの方にとってはこれらインジケータに十分利用価値はあるかもしれない

特典EA RVI Systemのバックテスト結果

テラスのEA紹介ページでEA RVI Systemについての情報(基本的な売買ロジックの説明と検証結果)が公開されているが『リアルトレードですぐにでも走らせたい!』と思うには明らかに情報量が足りない。

5分足で動かすEAということもあり、時間がかかるのがネックだが一応ドル円でのバックテストを行ってみた

2015年 年初から現在まで

RVI System 2015年 年初から現在まで
ヒストリカルデータの入手元はAlpari.com、スプレッドは少し厳し目に2.5Pipに設定

トレード回数 239 / PF 1.29 / ペイオフレシオ 1.06 / 勝率 54.8%
結果的には決して悪くはないが、とても魅力的とまでは言えない程度。後半大きく下落しているのは8.24チャイナショックの急落相場に捕まって約-575Pipsの損失発生によるものだ

「アレ?セミナー動画で取り上げられていたバックテスト結果では年初から10月までで売買数 44回だったはず・・・?」

私も目を疑ったが、テラス公式の検証結果のデータ(システム登録後 2ヶ月で45回)から考えても、年初から約10ヶ月でトレード数44回というバックテスト結果は間違っているように思う

MT4エキスパートである山中先生がセミナーで紹介された内容が誤りだったというのも考えにくいことではあるが、おそらく事前に十分なヒストリカルデータをインポートするのを忘れていたのではないかと予想。

その根拠として、収益グラフの形を見比べてみても、8月末もしくは9月初旬頃〜10月後半の期間の形状とほぼ合致している

※11/29 追記
セミナーサポート掲示板にて山中先生にこの件について質問したところ、早速↓回答をいただきました。

ご推察の通りで直近2ヶ月のバックテスト結果でした。
次回セミナー時に訂正を入れたいと思いますが、昨日色々と試行錯誤して、いくらバッファーを増やしても使われるデータが直近2ヶ月という結果となっています。これは今までには無いことだったので、全く気付きませんでした。
実は、Windows10(th2)とMT4build900台は細かい障害が色々と出ていて、先日も海外のフォーラムでコンパイルできなくなったという話題があり、私のところでも同じ問題が出て解決していたので、とりあえずの解決策として書き込んだことがありました。
過去データが使えないことと関係しているかもしれないので、このあたりも複数のMT4で確認を取ってみたいと思います。

お知らせいただきありがとうございました。

引用元:セミナーサポート掲示板

2013”年初〜2014”末までの2年間

RVI System 2013 2014end

2013年〜2014年末のバックテスト結果も決して悪くはない

収益グラフ中央〜後半にかけて右肩下がりになっている局面は、2014年春〜秋にかけての歴史的低ボラ相場だった期間の損益結果だ

2010”年初〜2012”末までの3年間

アベノミクス相場開始前の円全面高相場でも当EAはワークしたのか?を検証すべく、さらに遡ってバックテストを行った結果・・・

RVI System 2010 2012end

このように、見事な右肩下がりの収益グラフとなった

EA – RVI Systemに対する個人的な見解

  • 売り・買いのポジョション比率 1:2  →ロング(円売り)偏向型
  • 円高相場では勝てない
  • 低ボラ相場は苦手

2010年以降のバックテスト結果から見た、個人的に考える当EAの特徴は主に上記3点

今後もまだアベノミクス相場が続く限りにおいては、RVI Systemは十分ワークする可能性アリなEAだと思う

ただ、来月12月にもアメリカの利上げが行われると見られている現在、このEAをすぐにでもリアルトレードで走らせる気になるか?と問われると、残念ながら個人的には「No」というのが正直なところだ

特典についてのまとめ

特典として貰えるインジケーター、EA共に個人的な意見としてはややネガティブなものになってしまった感はあるが、無料で貰えるのでお得なのは確かだと思う。

あくまで私にとっては利用する機会は低そうだが、個々のトレードスタイルや、使い方によっては非常に有益なものとなる可能性は大いにある

冒頭にも書いたように、追加口座開設でもこれら特典はもらえるようなので興味がある方は申し込んでみてはどうでしょうか?

新規口座開設なら市販の高額EAが無料で貰える

高額EAプレゼントを確実に手に入れる為の手順と注意点のページで取り上げているように、Forex.com MT4新規口座開設においても、数万円という価格で販売されているEA(またはツール)を無料プレゼントとして受取ることができる

計6つの中から1つだけ選べるわけだが、私個人的にはEA Beatrice-07 EURUSDが現状イチオシかな?という印象

以前であればBandCross3 EURUSDがとても魅力的に思えたものの、現状では長期停滞期(または衰退期)にあるように思う。今後完全復活する可能性は残されているものの、ちょっとキビシイかもしれない。

ちなみに、私自身もForex.comリアル口座でEA Beatrice-07の運用をつい先日より開始した

現在EURUSDは比較的強めの売りトレンド中にあるということもあり、売りポジションのみの設定だが今後の運用結果がそれなりに楽しみなEAである

EA Beatrice-07についての独自分析結果については、また別記事にて詳しく取り上げてみる予定です

以上、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。
質問・ご意見等あれば気軽に↓DISQUSコメントまたはコチラよりご連絡下さい(^^ゞ

RSSリーダーで購読する

DVD 相場で道をひらく7つの戦略  トレーディングで勝者と敗者を分けるもの

題名など

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑1P=1円の超高還元率CBサイト
FX口座等も多数取り扱い

RSS フィード

FX月別運用成績

2016-1月 円 -¥9,790 / ㌦ +$61.45 
2016-2月 円 +¥7,355/ ㌦ -$68.11
2016-3月 円 -¥16,801/ ㌦ -$84.21
2016-4月 円 +¥2,646/ ㌦ -$261.84
2016-5月 円 -¥11,782/ ㌦ -$46.83
2016-6月 円 -¥9,587/ ㌦ +$60.71
2016-7月 円 -¥11,304/ ㌦ -$154.11
2016-8月 円 -¥12,123/ ㌦ -$70.54 

2014’ 円 +¥262,844/ ㌦ +$15,890.3
2015’ 円 +¥85,454/ ㌦ -$1,840.78


リベート出金 レポート記事はこちら

twitter


ページ上部へ戻る